フローリングワックス効果での日焼けは何割(何パーセント)防げますか?

フローリングメンテナンス(日焼け)は気になりますよね。

フローリングは(無垢・突板フローリング・化粧シートフローリング)がありますが、残念ながら日光(紫外線)で日焼け(退色)してしまいます。

フローリングが日焼けしてしまうと、見た目に違和感や割れ亀裂などが起こり通常(日焼けしない箇所より)のフローリング寿命が早まります。
では100%日焼けしない方法はあるのでしょうか?残念ながら100%遮光しない限り不可能です。

では、太陽光(光を遮らずに)フローリングの寿命(10年~25年)をまっとうするにはどうすればよいかを考えてみます。

UVカットフィルム(ガラス用99%紫外線カット)は最も効果的と言えますが100%日焼け(床、家具、ジュータン等の退色)
しないものは無いようです。

下記画像は高層タワーマンション33階(築6年UVカットガラス使用・ワックス・フロアーコーティングなし)の
突板フローリングの日焼け(退色)状況です。

フローリングの日焼け状況


グレードの高い突板フローリングですが、何もしなければ6年でもここまで日焼け(退色)してしまいます。
太陽光(紫外線、その他)からフローリングを100%守ることはできないかもしれませんが、劣化をゆっくり最小限に抑える方法はいくつかあります。


フローリングを守る① ブラインドや明かりを遮らないUVカーテンをする。

フローリングを守る② グリーンカーテンをつくる。(植物の力をかりる)

フローリングを守る③ UVカットフィルムを貼る。

フローリングを守る④ 窓のリフォーム(エコガラス、遮熱ガラス)

フローリングを守る⑤ フロアーコーティング、フローリングワックスをする。
フローリングを守る⑥ カーペットを敷く

色々と方法はありますが、ご予算や価値観などによって変わりますね。私の見解では
ブラインド・UVカットフィルム・フロアコーティング又はフローリングワックス
複合的な対処がおすすめです。
比較的低予算で効果が期待できると思います。※残念ながらフローリング・家具にダメージ0%とはいきませんが※

フロアコーティング(ガラス・シリコン・ウレタン)などはそれなりの効果はあるみたいですね。※経年劣化検証は不明です※

そこで、当店で使っている2018年フローリングのワックスとコーティング剤の日焼け防止性能を今年1年間で検証してみたいと思います。

実験経過はまたご報告させていただきますm(__)m


フローリングワックスの専門業者をお探しでしたらフローリングワックス一心をご用命ください。

2018年01月18日