フローリングワックス床洗浄|フローリング剥離洗浄の最新技術専門店


《フローリングワックス洗浄の提供地域》
東京都|横浜市|川崎市|神奈川県内一部地域は出張料金が別途かかる場合が御座います。

フローリングワックス専門店
「施工実績5000軒以上」
お客様から高い評価を頂いている確かな実績!!
フローリングワックス床(フロア)洗浄
{お年寄りやペットにも安心品質}


東京・横浜のフローリングワックス業者。丁寧かつ最高のフローリングワックスや洗浄(お掃除)は当店にお任せ下さい。


【フローリングワックス(フロアコーティング)の必要性】


一般的にフローリングと言われている種類には大きく分類すると
(1){単層フローリング(無垢材)}
フローリング無垢=原木から造られる天然木のフローリング

(2){複合フローリング(合板、集成材、積層材等の上に化粧材張り)}の種類があります。
複合フローリング=天然木0.2~3ミリの化粧材、木目をプリントしたオレフィン・樹脂シート化粧材を張るフローリング

どちらのフローリングにしても残念ながらメンテナンスフリーでは御座いません。
「無垢・複合」フローリングのどちらにしても長期間、強く美しく保つには定期的な正しいメンテナンスは必要不可欠です。

種類豊富なフローリングとワックスのメンテナンス

【最適なフローリングメンテナンスの方法は】


残念ながら、これだ!!100%こうすれば良いというわけにはいきません。

何故なら?使っているフローリングの種類、部屋の湿気、日照時間やフローリングに対しての日の差しかた、ペットの有無、歩行頻度、
床掃除の回数、その他もろもろで大きく変わってしまうからです。ただ単にワックス掛けをすれば良いという事ではないです。

床の部分(フローリング)は天井・壁の次に大きい部分であり、床自体に日々ストレスを与えている部分ですので
経年劣化が分かり難く、気がついたら汚れや傷、へこみが大変多くなっている場合が多いです。

当店では、数年に一度は適切なアドバイスができる業者にて、フローリングメンテナンス(ワックスやコーティング・傷補修等)を
実施したほうがよいと考えています。長期間キレイなフローリング維持が可能!!

ワックス(フロアコーティング)を施工すれば、何もしないフローリングに比べて〔表面の劣化・色褪せ・水分の浸み込み・軽度な傷防止〕に
大変効果があり、また、床(ワックス表面)の経年劣化の度合いが簡単に判断(お客様自身で)できるようになります。
※ご自分でワックス施工しても判断できますが、1年や2年に一回以上ワックス塗りをしたら判断が難しくなる場合があります。※
※謳い文句で半永久的、20年30年保証付きハードコーティングは除きます※

一度、ワックス(フロアコーティング)を業者にて施工すれば(ワックスの基本性能・耐久性などによります)そのお宅の
フローリングメンテナンス周期が(お客様自身で)容易に判断できるようになり、次期タイミングで床を保護する(ワックス・補修)
で長期間の維持が可能です。当然ですが普段の床掃除も楽々になります!!



【フローリングワックス・フロアコーティングの種類とワックスの安全性能】


近年のフローリングメンテナンス事情は大変複雑化しており、何をどの様にすればよいのか迷うばかりです。
フローリング床材の種類・ワックスの種類・フロアコーティングの種類・業者の選定などに嫌気を指して、
何もしないで自分でお手入れをする方法が正解かもしれません。

そんな氾濫している情報ですが、下記(フロアコーティング・フローリングワックス比較表)ご参考にして頂けるように、
裏表なしの表を掲載させていただきました。

現在(2018年度)までに(私個人1名で)5000軒以上の床ワックス・フロアコーティング作業させて頂いたうえで
中長期的にメリット・デメリット等が判断ができるようにしたつもりです。

尚、ハウスクリーニング一心では1度で終わりのフローリング保護効果ではなく、定期的なメンテナンスで中長期的に
メリットの高い(低価格)にて美しいフローリング(床)メンテナンスサービスを提供させていただいてます。

【ハウスクリーニング一心で使用するワックス(コーティング)の安全性】

環境ホルモン疑義物質を原料として使用していません
■ 化学物質管理促進法(PRTR 法)規制該当物質 原料として使用していません
■ シックハウス・シックスクール配慮(VOC の使用)
■ この製品には、ホルムアルデヒドをはじめ室内空気汚染の原因とされる
  厚生労働省指針値該当14物質成分を原料として使用していません
■ 改正建築基準法における建築内装材の規格当該法律に言う建築材料には該当しません
■ リン系化合物は原料として使用していません
■ 学校環境衛生基準該当物質原料として使用していません
■ 学校環境衛生の基準に準拠した安全性 ※安全性を裏付けるデータ
■ 労働安全衛生法通知物質:該当しない
■ 化学物質管理促進法:該当しない
■ 学校環境衛生の基準(ホルムアルデヒド及び揮発性有機化合物):使用していない
■ 成分・主な成分:ウレタン樹脂・アクリル樹脂・特殊エマルジョン・抗菌剤・水
■ 鉛筆高度:2H~4H※使用硬化剤による
■ 食品衛生法第20号一般規格「材質・溶出」試験に適合
{NANOVコート(ナノVコートFL)}についてはVOC含有量は限りなく0%に近い
VOC=揮発性有機化合物

 



フロアコーティング・フローリングワックス比較表〕


フローリングワックス・フロアコーティングの種類 費用 耐久性 メリット デメリット 安全性能のデーター表NANOVコート水性特殊アクリルウレタン樹脂 水系ウレタンコーティングデーター表水性アクリルウレタン高濃度樹脂(プロ仕様)その他のデーター表

 


【フローリングワックス専門店(他社との違い)施工のこだわり】


こだわり① 最小限の水(専用洗剤)にて最速最大の洗浄(機械洗浄ではありません)

こだわり② 部分的(小範囲)な既存ワックスの剥がれもキレイに補修

こだわり③ 在宅物件でのワックスへの埃混入率4%以下のダストコントロール

こだわり④ 平滑で止め跡を残さない、美しいワックス塗布の一本塗り技術

こだわり⑤ すでにワックス施工された在宅家庭のワックス艶ボケ(重歩行頻度エリアを調整)


当店のフローリング洗浄は、最新の洗浄技術(機械洗浄ではありません)にて既存ワックス塗膜に最小限の影響で汚れだけを最大限洗浄いたします。
※すでに広範囲にてワックスの密着不良や剥がれがある場合には剥離洗浄の必要性があります。※

洗浄後はお客様のご希望(ご予算)により
エコ(抗菌)ワックス又は高耐久アクリルウレタンワックス
を提供させていただいております。

その他、ハウスクリーニング一心では水系ウレタンコーティング、NANOVコーティングが施工可能で御座います。
当店ではあまり推奨してはいませんが、一般相場価格以下でのシリコンコーティング施工、特殊ガラスコーティング施工も承ります。
※ハードコーティング(シリコン・ガラス)の施工保証につきましては、他の業者様と違い10年までとさせて頂きます。
その代わりに販売価格を大幅値引きいたします※

※既存ワックス剥離施工費が別途必要になります※

【当店がハードコーティングを推奨しない理由】

現在(2018年1月)時点でハードコーティング(シリコン・UV・ガラス)がフローリング床に施工されだしてから
20年も経っておりません。※他のコーティング・ワックスなどは30年以上前から存在しているそうです※

20年近く、店主が(中古)分譲物件原状回復ハウスクリーニングの中で見てきたハードコーティングの
ほとんどのものがベストコンディションとはいえる代物ではありませんでした。

全てのハードコーティング施工(シリコン・UV・ガラス)業者様がダメだとは思いませんが、私個人の意見ではハードコートが
ベストコンディションでいられるのは10~15年位ではないかと思っております。

検証実験はあくまでも一時的な実験であり、人が歩行(何十万、何百万回)、日の差しかた、湿気、落下衝撃等の
生活をしてゆく過程の経年変化までは検証立証されていないためです。

一度施工すると剥がすことができないコーティングのメリット・デメリットは賛否両論あると思いますが当店では
デメリットの割合(将来的なリスク)が多いと判断しているため推奨しておりません。



【ワックスの剥離洗浄が必要な場合】


{最新のシートフローリング・無垢材等の剥離洗浄作業も承ります}
※現地調査お見積りとなります※


当店のフローリングワックスを施工する前に下地処理のエコ洗浄(サービスにて)は含まれておりますが、
既存物件(何年かの居住)の場合は新築時期のサービスワックスに汚れの混入又は複数回のワックスによるワックス下部(洗浄不良)による汚れが
複合している場合や、ワックスの変色・ワックス剥がれはエコ洗浄ではキレイにすることはできません。
その際にはフローリングワックス完全除去をオススメしております。

当店ではフローリング剥離によるダメージを無しとは言いませんが、最小限(床材判断能力・状況に合わせた洗浄方法・施工経験5000軒以上)に
できる技法が御座います。ご安心してお任せ下さい。

{特別価格にてフローリング剥離洗浄}

フローリングワックス(2層)+床(フロア)洗浄20㎡(約12帖)ご依頼のお客様に限り
ワックスの剥離洗浄(通常料金1㎡1,000円)を30%OFFの1㎡700円で施工いたします。

※剥離洗浄は事前にご相談いただく必要が御座います。
フローリングキズ補修もサービスで5箇所(1箇所:縦1cm横1cm以内)まで無料でキズ補修いたします※

フローリングワックス剥離洗浄専門業者

 



フローリングワックス(1層又は2層)+床(フロア)洗浄20㎡(約12帖)まで
作業内容・作業手順・お掃除時間

【税別表示】

施工箇所 作業時間(目安) 価格
高耐久アクリルウレタン高濃度樹脂
フローリングワックス(2層)
+床(フロア)洗浄20㎡(約12帖)まで
20㎡以下の場合は一律料金となります。
4時間~7時間 29.800円
フローリングワックス(2層)
+床(フロア)洗浄20㎡以上の追加料金
1㎡あたり 1.500円
エコ(抗菌)ワックス
フローリングワックス(1層)
+床(フロア)洗浄20㎡(約12帖)まで
20㎡以下の場合は一律料金となります。
3時間~5時間 20.000円
エコ(抗菌)ワックス(1層)
+床(フロア)洗浄20㎡以上の追加料金
1㎡あたり 900円

①洗浄、ワックス作業箇所以外を汚さないように周辺養生。その後、丁寧に掃除機を掛けをします。

②フローリングを除菌エコ洗浄及び汚水回収作業

③除菌水にてフローリングを拭き上げます。

④温風にて乾燥後、再度掃除機がけを丁寧にします。

⑤高耐久・抗菌ワックス下地1回目を掛けます。

⑥乾燥後、高耐久・抗菌ワックス2回目を掛けます。
※エコ(抗菌)ワックスの場合は1層になります。※

⑦乾燥チェック後、お客様にご確認していただきます。

フローリングメンテナンス(ワックスと洗浄)

フローリングワックス(フロアコーティング)施工動画です。ご参考までに(^^♪





フローリングキズ補修(リペア補修)

フローリング補修(キズ)

【税別表示】

施工箇所 作業時間(目安) 価格
フローリングキズ補修10箇所
縦1cm横1cm以内
約2時間 15.000円
フローリングキズ補修1箇所
縦1cm横1cm以内 
約20分 2.000円

①お客様に床面補修箇所を指示していただきます。

②10箇所補修完了後にご確認していただきます。
※家具等の移動をご希望の場合は別途料金が発生致します。※
※傷補修は床面の状態により補修不可の場合も御座いますので事前にご相談下さい。
(床鳴、広範囲な剥れ、裂け、膨張、日焼け、シミなど)※

↓下記は焼け焦げの補修画像です。
  木目が増えてしまいましたが・・・(^_^;)

傷補修フローリングフローリングのはがれ補修

上記は撮影時間が違うために照明をつけてのフローリング補修画像です。



フローリング補修で難しいシートフローリング線傷

上記はよく見ないとわかりませんが最新のシートフローリングの線傷補修です。




フローリングワックス床(フロア)剥離洗浄

【税別表示】

施工箇所 作業範囲 価格
ワックス剥離洗浄 1㎡(1m×1m) 1.000円

==ワックス剥離洗浄 作業内容==

①作業周辺養生

②環境対応型中性リムーバーにて既存ワックス剥離、ワックス下部汚れ除去

③最小限の水でバキューム回収

④除菌水にて床面を拭き上げます。

⑤乾燥、チェック後にお客様にご確認していただきます。


フローリングワックス洗浄・剥離の際に家具(家財道具等)の移動をご希望の場合について


※家具等の移動をご希望の場合は別途料金が発生致します。※
「必ず事前にご相談ください」
① 1名又は2名(お客様のお手伝い)で短時間(全部で30分位)で動かせる場合は料金を頂いておりません。
但し、作業完了時刻が遅れたり、万が一、破損や事故がありましても当店で責任を負うことは出来ませんのでご了承下さい。

有料での家具・家財道具等の移動料金は事前にメール又は電話で詳細をお聞かせ頂くか、現地調査させて頂きお見積となります。
有料での家具・家財道具等移動の際に、万が一の場合は損害保険にて対応させて頂きます

② (注)部品や製品等は製造から7年以上たった物につきましてはメーカーに部品在庫が無い為、修理が出来ない場合が御座います。
修理又は補修できる場合は当店で修理補修依頼(当店負担)致しますが、修理部品がない製品につきましてはお客様と協議の上で補償させて頂きます。
尚、製造年数問わず新品買い替えの対応は承りかねますのでご了承くださいませ。

③ ハウスクリーニング後の不具合発生に関して、 7日以内 であればで対応をいたします。
(作業完了後7日以内に再度お客様自身にて確認お願い致します)
尚、不具合、故障に伴う新品交換、営業補償や慰謝料のお支払は一切行っておりませんのでご了承ください。




フローリングワックス+サービス洗浄Q&A


{ペットや子供にシックハウス等の問題はありませんか?}

シックハウス症候群に該当の科学物質、建築基準法で定められた有害物質14種は含みません。
ワックスに抗菌成分が配合してあり塗膜形成後は極端な話ですが、舐めても無害で安全ですのでご安心ください。



{最新のシートフローリング(ワックス不要)にも施工できますか?}


当店独自のフローリング下地処理とプライマー(密着剤)を使用して施工可能です。



{どの位の期間ワックス掛けしなくていいの?}

当店のワックス施工はフローリング表面の初期加工に合わせて数種類のワックスの選定、下地剤を組み合わせて施工しますので、一般的な高級ワックスより密着性能・耐久性能が飛躍的に向上しています。
一般家庭(靴下、スリッパ裏地がキレイ又は柔らかな素材)で3年~5年位はワックス掛けの必要ないフローリング環境をご提供できます。

※(生活環境、歩行頻度、ペットの有無によって変わります。フローリングワックス1層・2層施工では耐久年数等の保障制度は御座いません)※

↓下記は当店使用ワックスの実験経過の写真です。自宅のフローリングワックスの状態(2017年3月)です。
2007年にワックスを2層施工致しました。
ワックス2層施工10年以上経った今もなお、表面の保護光沢などはあります。
ちなみにフラッシュ等は使っていません。

住宅で最も歩行頻度の高い廊下の画像です。

フローリングのお掃除方法はワックスが最適


{本当にキレイになりますか?}


フローリング(経年劣化)にもよりますが、今まで培った技術と経験で最大限のフローリングワックス+床(フロア)洗浄をご提供させて頂きます。
もし作業完了後に気になる箇所が御座いましたらご遠慮なくお申しつけください。
(注)一部の深いシミ、ワックス自体又はワックス下部の汚れ(別途料金にて剥離作業の必要)、フローリング自体の変色、日焼け、床鳴り、剥がれつきましてはお客様とご相談の上、(フローリングメンテナンス補修、剥離洗浄)別途料金にて対応可能です。



{UVコーティング、シリコンコーティング、塗料ウレタンコーティング、ガラスコーティングetcと何が違うの?}


ハウスクリーニング一心のワックスは業務用の最高グレード(水系ポリマー樹脂ワックス、水性ウレタン樹脂ワックス)を使い安全性、密着性、耐久性を兼ね備えております。
(ハードコーティングUV、シリコン、ガラス)等よりは耐久性は落ちます。
ですがフローリング(床)の永続的なメンテナンス性に大変優れており3年~5年周期で隅々までキレイを維持したいお客様には大変喜ばれています。
お客様のお財布にも優しいです。>^_^<


{フローリング以外のワックスや洗浄も可能ですか?}


ハイ可能で御座います。
床材が無垢材(灰汁洗い)、竹材(光触媒、ウレタンコーティング、バンブーメデック洗浄)、クッションフロア(剥離洗浄)、タイル(酸洗い洗浄)、石(大理石や御影石)ダイアモンド研磨染み抜き、コルク(蜜蠟、ウレタンコーティング)など特殊タイプの場合は現地調査にて
お見積り後、ご相談により決定させて頂きます。





【お急ぎの場合は店主直通】

電話番号: 080-3252-8638
(お電話による受付時間9時~19時)
ご相談・お問合せ・お申込みをお待ちしております。お気軽にお問合せください。

メールお問い合わせ・お申し込み 
[お見積もり無料] 
 info@osouji-issin.com
  
お客様宅での作業中や車での運転中等により留守番電話になっている場合も御座いますが、
お名前とご連絡先を残して頂けましたらこちらから折り返しさせていただきます。